トリガーが出た後は・・・①

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
ランキング参加中
記事を読む前にポチっと応援クリックいただけると嬉しいです(^-^*)



こんにちは、つかさです。

明日と明後日はクリスマス!!

しかも土日!!

 

クリスマスパッティーしなきゃね!!

パリピパリピ♪

 

えっと~、私事ですが、

実はここのところプライベートで色々ありまして、

あんまりトレードする気になれませんでした。

 

チャートはチラチラとは見てはいましたが、

あー、動いてるなぁーー とは思いながらも、

『別に今お金稼いでもしゃーないしな』

ってなってました(;´▽`A“

 

でも、昨日でようやく問題が少し落ち着きました。(*^_^*)

 

となると、やっぱりお金稼がなきゃって事で、

サボった分、年末年始もトレードしてるかもしれませんw

 

幸い今年は例年と違って、ずっと動いてくれてるし。

 

 

そしたら気を取り直して、FXいきます。

 

この前までは、「FXは我慢大会」って事で、

エントリーポイントまでは我慢しよう。

エントリートリガーが出るまで我慢しよう。

って話をしてきました。

 

今日は、

じゃー我慢に我慢を重ねて、

いざトリガーが出た後の話をします。

 

まずは、これ見てー。

20161223-%e3%83%88%e3%83%aa%e3%82%ac%e3%83%bc

ささっと図作ったから

記号とか振ってないので、文章で説明しますね。

 

サポート(青-買い帯)に2回当たったあと、

戻り高値も上抜いて、ふわっと上がりそうになってー、

けど、やっぱり素直には上がらんくてー

ってなったところに、

レジスタンス(短期の売り帯)が引けますね。

 

けれども、その売り帯も、上抜いて~

ロングの形作り直して~

そもそもの目線はロングで~

って、ここまでのチャート形成をしてくれたら、

激熱パターンの完成!!

 

ここまで来るとロングするだけなので簡単

じゃぁ、どのタイミングでマウスのボタン押しましましょうかね。

 

ま、どうせ上がっていくだけだろうから、

ぶっちゃけ、どこでしてもいいんだけど。

 

あとは,

リスクの問題。(pips数)

枚数の問題。(金額)

球数の問題。(ナンピン)

 

教科書通りのタイミングはというと、

20161223-%e7%b6%ba%e9%ba%97%e3%81%aa%e5%bd%a2

こんな感じで短期足でも買い帯引いて、

そこまで引きつけていざロング!!

もしも、そこを抜かれたらロスカット。

リスクリワード的にもバッチリです。

 

こういうエントリーができれば、いいんだけど、

実際はどうですか??

こんな綺麗なやつばっかりじゃないと思うのね。

 

例えば、、

20161223-%e3%81%9d%e3%81%ae%e3%81%be%e3%81%be%e4%b8%8a%e3%81%8c%e3%82%8b%e3%82%84%e3%81%a4

短期買い帯まで戻って来ないやつね。

 

よくあるよね。

待ってたがために入りそびれるやつ。

で、行きそうになった時に、

しゃーなしに後手後手で飛び乗るやつw

 

もしくは、戻って来ないかもしれない。

そのまま行ったら嫌やから、早めに適当に入ってみるやつ。

でも、そういう時に限って、教科書通り

きっちりと短期買い帯まで触りにくるんですよねーw

 

で、今度は教科書通り待ってみると、

早くいって置いてかれるやつw

 

それがFXです(笑)

 

どのタイミングでエントリーするのかは

さっき書いたように、

リスクと枚数と球数を考えての

それぞれの裁量って事ですな。

 

それでは ノシ


■レポート無料プレゼント中■

「オリジナルレポート」
「帯レポート」
「エントリータイミングレポート」

入手は、ブログ上部のボタンからどうぞ!!


■GT5内で一番人気!■

5冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!
DMM.com証券さん
DMM FX
~関連記事はこちら~


■お勧めのFX業者さん■

激熱パターンβ
~レンジから脱出しトレンドに変わる瞬間を捉えるためのヤツ~
タイアップ中!!
セントラル短資FXさん
セントラル短資FXタイアップ4激熱Bレポート
~関連記事はこちら①~
~関連記事はこちら②~



「これからもGT5を応援してあげる!」という方は、
こちらのバナーもクリックして下さい!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


One Response to “トリガーが出た後は・・・①”

  1. […] 忘れてる人も多いだろうから前回の記事の復習を! […]

サブコンテンツ

このページの先頭へ