暴走スイッチ ②

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
ランキング参加中
記事を読む前にポチっと応援クリックいただけると嬉しいです(^-^*)



こんばんは、つかさです。

みなさん、Amazon大好きですよね?

僕の周りのトレーダー仲間は皆、プライム会員。

そういや、なんか月額でもプライム入れるようなったみたいね。

 

PC用品から、日用品まで

そして食品までなんでもポチっとすれば、

だいたい翌日には届きます。

 

引きこもって1日中パソコンと睨めっこしてる

僕たちの強い味方。

 

早ければ、ポチった当日の夜に持ってきてくれる時もある。

Amazon様々やで。。

 

ここ最近はニュースで、

ヤマトさんの労働環境とか色々問題になってはいるけど、

宅配のお兄ちゃんにはマジ感謝やで(´▽`)

 

 

この前、みんなで喋ってたんやけど、

Amazonの注文履歴って、

昔のもずっと残ってるのよね。

 

その注文履歴によれば、

僕が初めてAmazonで買い物したのは2006年でした。

 

Amazon歴10年以上☆

 

そして、記念すべき一番最初に買ったものって

何やろ?って見てみると、

ココマジックっていう洗剤。

 

昔よく深夜の通販番組でやってたやつ。

 

そもそも、家のガスコンロ、

こんなに汚れてないもんなw

 

12/29って事は、

きっと大掃除でもしようと思ったのかしら・・・

 

 

それでは、FX

一昨日の続きですね。

 

背景については、前回説明した通りなので、

短期足を見ながら、

エントリーを1個ずつ見ていきます。

 

これ、前回も載せたきしょいエントリー画像。

 

ここに短期のレジサポ書き足すと、

こうすると、余計に

キショイ事してるのかが際立つでしょw

 

それでは1つ1つ見ていきます。

 

① すべての暴走はこのエントリーから始まります。

  1時間足のレジに当たって、

  1分足短期水平線からの押しが失敗して落ちてきてるのに、ロング。

  なのに、利食いもしなければ、ロスカットも遅いよね。

 

② ①の負け分を取り返しに行くべく、

  買い帯に当たりにいけショート。

  このエントリーはまぁ良しとしよう。

  けどどうせやっったら、上から叩けばいいのにね。

  狭いゾーンでフィルターかけてからエントリーしていくと、

  どうしてもレートが不利になるから要注意ですね。

 

③ なんか上がりそうだけって理由だけでロング。

  結局②の下落が下振りにもなってないし、

  買い帯にも触ってない。

  けど、なんか上がったし。

  レジに触った後なのに、浅いところからエイヤー(/・_・)-†

 

④ ここまで来るともうわけわかりません( ; ゚Д゚)

  ようやく下振りが起こり、

  買い帯から上がってきたところをショート。

  ③で上がらんかったから、

  勝手にそこをレジ認定してもうたんや。

 

⑤ これはまだ許そう!

  下振りでサポにもきっちり触ったあとで、

  今からレジ抜けていくかもしらんし。

 

  けど、実際はそこまで考えてなくて、

  ④で下がらんかってんから、今度は上や!! 

  ってだけやった気が・・・

 

 

とまぁ、お粗末なド素人みたいな事してもうて、

一日の利益を吹き飛ばしましたとさ。

 

暴走したことろを自己分析してみましたが、

これは、後付けでも何でもなくて、

リアルタイムでも冷静にチャート見れていれば

防げた負けがほどんどです。

 

一つ二つ前のエントリーが悪影響し、

すぐさま取り返してやろうと思った結果、

ド壺にはまってしまった悪い例。

 

もっかい『FX聖書』読んで勉強しよっ(笑)

 

それでは ノシ

 


■レポート無料プレゼント中■

「オリジナルレポート」
「帯レポート」
「エントリータイミングレポート」

入手は、ブログ上部のボタンからどうぞ!!


■GT5内で一番人気!■

5冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!
DMM.com証券さん
DMM FX
~関連記事はこちら~


■お勧めのFX業者さん■

激熱パターンβ
~レンジから脱出しトレンドに変わる瞬間を捉えるためのヤツ~
タイアップ中!!
セントラル短資FXさん
セントラル短資FXタイアップ4激熱Bレポート
~関連記事はこちら①~
~関連記事はこちら②~



「これからもGT5を応援してあげる!」という方は、
こちらのバナーもクリックして下さい!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ