DMMFX

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
ランキング参加中
記事を読む前にポチっと応援クリックいただけると嬉しいです(^-^*)



 

皆様こんにちは(^_^)/

 

今年はひのきの花粉がとても多いみたいで、

ちょっと外に出ただけでくしゃみ3連発とかしています。

天気が良ければ、すがすがしい季節なのですが、花粉だけは勘弁してほしいです( ;∀;)

 

新年度が始まり、新しい環境で希望に満ちたスタートを切った方も沢山いると思います。

なにごとも最初が肝心 なんて言いますよね。

投資の世界でも最初に使う証券会社やツールが使いやすいと、

迷わずに使えるのでストレスなくスムーズに入って行けます。

「すべての操作を、スマホで」始めてみませんか?

 

 

今回はスマートフォンアプリの「DMMFX」を紹介します。

 

口座開設はこちらから
  ↓  ↓  ↓

 DMM FX

*レポート配布条件等につきましては、リンク先の詳細をお読みください^^

FX聖書~FXで稼ぐために必要な情報だけを集約したヤツ~
も選べます!!
最大20,000円キャッシュバックも継続中!
(上記のバナーから口座開設してね)

 

 

これさえあれば、パソコン無くても取引できるのでは?

というより、パソコン無くても十分取引できるよね?

いやいや、パソコン必要ないんじゃない!?

というくらい完成度の高いツールです。

 

  

 

お手持ちのスマートフォンにアプリをダウンロードして使うのですが使い方はいたって簡単、

パソコンでやっていたほぼすべての操作がスマホで出来てしまいます。

もちろん、口座開設も可能ですし本人確認書類もスマホのカメラて写真を撮って、

そのままアップロードすれば終了です。

 

ちょっと前までは、デジカメで写真撮影→パソコンに取り込む→メールに添付して送信でした。

コピーして郵送なんていう時代もありましたw

今は簡単になりましたね。

一般的に使われているテクニカル指標などはほとんど網羅していますので、

欲しいものは見つかると思います。

 

 

便利な機能としては、

経済指標は重要度に応じて3段階のアラート設定ができます。

アラートで知らせてくれる時間も指定できるのが便利です。

これで指標を見逃すことはなくなりますね。

 

       

 

 

目標として設定したレートに到達したらメールとポップアップで知らせてくれる

レートアラート機能も便利です。

これ、自分のスマホなんですけど、こんな風に通知がきます。

経済指標のアラートとドル円のレート到達アラートです。

常時チャートを監視していなくてもチャンスを逃さずに済みそうです。

 

  

 

 

そして個人的にもっとも便利だなと思っているのが、

タテ型でチャートを見ながら発注できる機能です。

電車やバスの中などの移動中はもちろん、どうしてもパソコン前を離れなくてはいけなくなった

トイレの中wなどでも大活躍してくれています。

片手で操作できるのでとっても便利です。

 

  

 

 

困った時には、LINEや電話、お問い合わせフォームなどに

アプリからダイレクトに移動できるのもとても便利ですね。

 

  

 

 

パソコンと同等にたくさんの機能を備えた取引ツールですのできっと満足できると思います。

皆さんもスマホに「DMMFX」をいれて持ち歩いてみませんか?

 

口座開設はこちらから
  ↓  ↓  ↓

 DMM FX

*レポート配布条件等につきましては、リンク先の詳細をお読みください^^

FX聖書~FXで稼ぐために必要な情報だけを集約したヤツ~
も選べます!!
最大20,000円キャッシュバックも継続中!
(上記のバナーから口座開設してね)

 

 

 

 

 


■レポート無料プレゼント中■

「オリジナルレポート」
「帯レポート」
「エントリータイミングレポート」

入手は、ブログ上部のボタンからどうぞ!!


■GT5内で一番人気!■

5冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!
DMM FX
DMM FX
~関連記事はこちら~


■お勧めのFX業者さん■

激熱パターンβ
~レンジから脱出しトレンドに変わる瞬間を捉えるためのヤツ~
タイアップ中!!
セントラル短資FXさん
セントラル短資FXタイアップ4激熱Bレポート
~関連記事はこちら①~
~関連記事はこちら②~



「これからもGT5を応援してあげる!」という方は、
こちらのバナーもクリックして下さい!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ