横々多過ぎだよね

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
ランキング参加中
記事を読む前にポチっと応援クリックいただけると嬉しいです(^-^*)



こんばんは、つかさです。

 

毎年やってる胃カメラ検査で、

胃炎と何個かのポリープが見つかりました(>_<;)

良性やから放っておいて大丈夫て言われたからよかったけど。

 

一年前の検査では異常なしやってんけどな。

 

絶対FXのストレスのせいや思う。

最近ちょいちょいぶっこいてるそのせいやね。きっと。

 

適度に息抜きしながらやらないとね(`・ω・´)

 

 

それではFX

 

チャートの動き方って今も昔も、

ある程度の普遍的な規則性があって、

手法はその規則性に合ったものでないと

ずっと勝ち続けるのは難しいです。

 

『爆益が取れるよ』って謳い文句のEAとかでありがちなのは、

この期間では勝てたのに、

他の期間では全く勝てなくなるやつ。

バックテストの成績とフォワードテストの成績が全く違うやつ。

 

GT5式の帯トレードは

過去チャート(バックテスト)でも

現在チャート(フォワードテスト)でも

正しくトレードすれば通用し続けています。 今のところはw

 

ただし進化は必要

 

というのは、

ここ数年、チャートの動き方が変わったなと

肌感で感じています。

 

よくチャートの説明する時、お絵描きするやん??

こんなやつ

レポートでもブログでもよく描く模式図。

 

けど、最近のチャートってこんな感じで

綺麗にジグザグと波打ってくれへん事が多いです。

 

上図のような動きをしてくれていた一昔前までであれば、

武器がダウ理論だけでも十分に戦えたやけど、

今はそれだけではなかなか厳しいです。

 

最近のチャートはといったら

下図みたいな動きが多いように感じます。

帯(レジサポ)はきちんと機能するんやけど、

その間の短期足の動きが難しい。

 

横横・ドーーーン

横・ドーーン・横横

ドーーーン・ドーーン・横横横

 

全然波打ってくれへん。

動いた後にその続き追いかけると、

A字V字でやられる事が多くなりました。

 

特にユーロとかはこんなんばっかりや。

 

まぁ方向さえ間違わなければ、

エントリータイミングが甘くたって

途中多少の含み損を抱えたとしても、

最終的には利益になるんやろうけど、

そんなトレードは僕ら今更無理やん(*‘ω‘ *)

 

だからといって、横横の動きの中でタイミング図って

ド短期のトリガーに安易に飛びついてガチャガチャ負けるのも嫌だし、

(ま、これ結構やっちゃってるんですけどねw)

動くところは一気でその後トレンドが続かんのが最近の相場。

 

じゃー、その一気に動くところを取りに行かなしゃーない!!

 

横横から脱出して、そこをブレイクしていくタイミング。

 

1日のうちでチャンスは少ないけど、そこをしっかりと

上振って、下振って、上とか!!

更に、下振ってからの上とか!!

 

それらを実例とともにまとめめたんが

   ↓   ↓   ↓ 

激熱パターンβ~レンジから脱出しトレンドに変わる瞬間を捉えるためのヤツ~

なんよね。

 

以前と比べチャートの動き方は多少変わったとは思うけど、

帯理論はしっかり機能しているので、

その手法を進化というか応用して、

動くところをしっかりと取りにいけたらなというお話でした。

 

しっかり待てば、そういうところの勝率はむちゃ高いです。

 

逆に僕がぶっこくのは、それ以外のところで

上や下やって、やってもうてるからなんよね:(;゙゚’ω゚’):

 

それでは ノシ

 


■レポート無料プレゼント中■

「オリジナルレポート」
「帯レポート」
「エントリータイミングレポート」

入手は、ブログ上部のボタンからどうぞ!!


■GT5内で一番人気!■

5冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!
DMM FX
DMM FX
~関連記事はこちら~



「これからもGT5を応援してあげる!」という方は、
こちらのバナーもクリックして下さい!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


2 Responses to “横々多過ぎだよね”

  1. […] つかささんの記事でも書いてたけどこの動き多すぎ […]

  2. […] 前にも書いたように、最近の相場はというと […]

サブコンテンツ

このページの先頭へ