方向感

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
ランキング参加中
記事を読む前にポチっと応援クリックいただけると嬉しいです(^-^*)



 

皆様こんにちは(^_^)/

暑中お見舞い申し上げます。

 

連日の猛暑、暑すぎますよね(^_^;

毎日のように体温近くにまで気温が上がるなんて・・・

激熱はチャートだけにしておいてもらえませんかねぇ

室内でも熱中症にかかってしまう事もあるようなので、こまめな水分補給を心がけましょう。

あっ、ビールは水分補給にはならないようですよw

 

DMMFXで口座開設すると、GT5のレポート5種類の中から

お好きなものを1つプレゼント中です。

 

口座開設はこちらから

  ↓  ↓  ↓

DMM FX

 

*レポート配布条件等につきましては、リンク先の詳細をお読みください^^

 

 

 

6月は トリガーの強弱 について書きましたが、

強いトリガーが発生したからと言ってその全てについて行って良いのでしょうか?

 

じゃあなんで先月あんな記事書いたんだよ!と叱られそうですが、もう少し話を聞いてください。

確かにこの図だけを見れば先月も説明した通り強いトリガーが発生していることは間違いありません。

なので、この動きをとらえられるだけで、エントリーの精度は格段に向上すると思います。

 

 

しかし、このトリガーがどこで発生しているのか、わかりますか?

 

・大下落の途中の戻り場面?

 

・上昇の勢いの止まった直近高値付近?

 

・大きな足のレジサポ付近?

 

それによって積極的にエントリーしても良いのかどうかが変わって来ます。

 

下図を見て下さい。

こちらはトリガーの発生している場所を少し大きな時間足で表しています。

 

 

オレンジ色□のゾーンで短期足のトリガーが発生しています。

この場合、青色□の所で上方向への動きが出ているので、オレンジ色ゾーンでは上方向へのエントリーの優位性が高くなっています。

 

オレンジ色のゾーンを最初の短期足で細かく見ると、赤○部分で安値更新して下方向へのトリガーが発生していることが分かります。

 

しかし、上位足の青色□で上方向へのトリガーが発生しているため、下方向への流れは失敗に終わり、その動きが下振りになり強い上昇トレンドにつながています。

 

青色□で上方向への優位性が発生していなければ上昇トレンドが続いていたかどうかはわかりません。

 

こういった時間軸の違う「複数足」を見る事により、一つの時間足だけでは分からないチャートの方向性を見極める事が出来るようになるのではないかと考えています。

 

「複数足」というフィルターを通して見る事によって、判断の精度を高められるようになるのではないでしょうか。

この考え方を適用出来るようになれば、勝率アップにつながると思います。

皆さんもぜひ取り入れてみてください。

 

 

DMMFXで口座開設すると、GT5のレポート5種類の中から

お好きなものを1つプレゼント中です。

 

口座開設はこちらから

  ↓  ↓  ↓

DMM FX

 

*レポート配布条件等につきましては、リンク先の詳細をお読みください^^


■レポート無料プレゼント中■

「オリジナルレポート」
「帯レポート」
「エントリータイミングレポート」

入手は、ブログ上部のボタンからどうぞ!!


■GT5内で一番人気!■

5冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!
DMM FX
DMM FX
~関連記事はこちら~



「これからもGT5を応援してあげる!」という方は、
こちらのバナーもクリックして下さい!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ