始めました

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
ランキング参加中
記事を読む前にポチっと応援クリックいただけると嬉しいです(^-^*)



初めまして、takuです(#^.^#)

突然ですが、これからこちらで時々アウトプットのために

ブログを書かせていただくことになりました。

読者の皆さんの反応次第では、短い期間で打ち切りになるかも知れません。

そうならないように皆さんのためになるブログを書いていきたいと思いますので

どうぞよろしくお願いします。

 

ちなみに、GT5の人たちがブログを書くのが面倒くさくなった!?

から代わりに書いているわけでは 決して、決して、ありませんよ(-“-;)

 

今だに水面下をさまよい続けているへっぽこトレーダーの私が、

レポートや帯を使ったトレードの考え方や

時には自分のトレード結果などを交えながら書くことで、

少しでも皆さんのお役にたてればと思っています。

頑張りますのでよろしくお願いします。

 

 

さっそくですが先週の水曜日、8月1日に

帯~エントリータイミング編~に出てくるようなヤツに出会いましたので

書いてみたいと思います。

 

まずはドル円15分足です。

前日31日は昼の日銀から上昇トレンドが始まり、

夜のアメリカの指標後も上昇トレンドは続き押し目を付けず

上昇して行ってしまいました。

そのため、サポが中途半端なままでした。

今まで、こういう時に中途半端な所からエントリーしても

ろくなことはありませんでした。

せっかくトレンドが出ているのに、「なんて日だ!」(小峠風)

 

そして次の日

上図の青□の部分ドル円1分足です。

V字後の上昇が浅い所から上がって行ってしまい、

赤矢印付近で待ちかまえていたのですがエントリーすることができませんでした。

 

そこで今回はレポートの中にある

【ネック戻り売り否定からのエントリー】

を使うことにしました。

 

前日からここまで一本調子での上昇が続くと、

サポに当たったとしてもそこからそのまま上昇するのか

もう一段下まで下がった後上昇するのではないか?

と不安になってしまいサポから思い切ってエントリーが出来ませんでした。

 

ネックXからの戻り売りを受けた後

A-Bの上昇がYを上抜けたことに対して押し目を狙うことで、

下げ止まりの動きを確認してから黄矢印でエントリーする事ができました。

いつもこんな風にエントリー出来ていれば

損失も限定できるし爆益間違いなしなのになぁ・・・

 

その後のC-Dの上昇は乗れずにいましたが、

高値更新失敗して下落してしまいました。

 

買いが失敗したのでそこに節目の売り帯が引け、

今度はE-Fでその売り帯を再度上抜き返したので、

引きつけて青矢印からエントリーしました。

 

強い上昇トレンド中の出来事ですから再度上昇して行ってくれていますが、

注意点としてはエントリーしている場所はレンジの中だという事です。

そのレンジの中で強いトリガーが発生しているわけではないので、

上昇が継続しなければもみ合いになってしまうという事も

頭に入れておかなければならなかったなぁと思います。

 

実は、このチャートの場所、

GT5の人達と話しながらトレードしていたので、

上手にトレードできましたが、

ちなみに普段の私であれば白矢印から

「ああ置いていかれる!」と突っ込みエントリーして耐えて、

C-Dの上げで高値更新行け行け! そして上げ失敗からの下落でチーン!ですね

なんならDの先端辺りでおかわりエントリーしてたりして・・・

 

一人の時でもそんなことしないで済むように、レポート読みましょ!

 

今回紹介したパターンは

口座を開設すると無料で入手できるレポートに載っているので

皆さんも是非手に入れましょう!

帯~エントリータイミング編~

他にも使える実例が沢山載ってるのできっと役に立つと思いますよ。

 

いやー疲れた、疲れた、初回から飛ばしすぎたかな?w

次からはもう少しゆるーくいかしてもらいます。

それでは、これからもよろしくお願いします^^


■レポート無料プレゼント中■

「オリジナルレポート」
「帯レポート」
「エントリータイミングレポート」

入手は、ブログ上部のボタンからどうぞ!!


■GT5内で一番人気!■

5冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!
DMM FX
DMM FX
~関連記事はこちら~



「これからもGT5を応援してあげる!」という方は、
こちらのバナーもクリックして下さい!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


One Response to “始めました”

  1. […] さて、 前回の記事 でご紹介したパターンが綺麗に出現しましたが […]

サブコンテンツ

このページの先頭へ