震えるわマジで

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
ランキング参加中
記事を読む前にポチっと応援クリックいただけると嬉しいです(^-^*)



 

ども、ためためです

 

 

メッセージを貰ってました

2週間も前に・・・

 

 

メッセージ本文:

2018年6月5日の記事 無限にはチャレンジできへんで
においてシュウさんの質問に対して 次回に回す次、僕の判断基準書くわと書き込まれていました

ずっと楽しみにしては・・・まだ・・まだ・・
早くためためさんのターンにならないかなとずっとチエックしています

私は転換失敗の動きや戻り高値押し安値更新後の後なら
高安更新のイメージは持ちトレードしているのですが
数をこなせていないので不安を感じながら追っていっています

是非、判断基準をお聞きしたいです

みんなのfxセミナーでためためさんを知りました
他の人とは違いとても相場の本質をついた解説に思い
納得出来ました
またセミナーありますか?期待してます

 

 

まずは『シュウさんの質問』がこれ

    ↓

利食いについてなんですが
今、僕は高安更新は狙わないで利食いするようにしてるんです。
例えば、上昇トレンド中で高値更新する可能性が高いと思うんです
その時に、GT5のみなさんは高値更新を常に狙っているか?
何か条件を満たしたときに更新を狙うのか?
それとも更新は全く狙わないのか?
なにか基準があるのでしょうか?

 

 

 

 『私は転換失敗の動きや戻り高値押し安値更新後の後なら』

うん、なんかいい感じやん! その調子や!

ほんまにw

 

 

 『またセミナーありますか?』

あります

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/08/25_4/

対面式のセミナーです

申し込みはよはよ

 

 

 

まぁ一口に高安の更新ゆうても

色んな局面あるやん

 

①レンジ、もしくは高値安値が揃ったところのブレイク狙い

②戻り売り、押し目買いのフェイル狙い

③トレンドの発生狙い

 

 

全部に共通して一番大事なんがやっぱ背景

ざっくりゆうてまえば長期足の方向、長期足のチャート形成

これが何より大事

これ間違ってたら更新狙いにいって天底掴んでまう(ヾノ・∀・`)

 

 

で、①②の場合はロスカット巻き込みながらの動きになるから

瞬間的に利が乗りやすいってのが旨味

 

それを狙うかどうかの時、重要視しとるんが 短期のチャート形成

チャートの左側でどんなけダマくらかしたかやね

それによってブレイクするんじゃね?判断をしとる

 

 

③の場合は高値安値更新の動きに優位性があるっていうよりは

【高値安値を狙うような押し目・戻りが入る】

ってところの優位性を利用したい

せやから更新の動きにはあんまこだわってへんけどなw

 

 

 

逆に①②は更新の動きでストップ巻き込むから

めっちゃ狙う(‘-‘*)

 

勿論カウンターパンチも貰いまくるけどな!

 

 

カウンターパンチ対策としては

【抜けなアカン動きやのに抜けなかった時】

【抜けたと思ったのに反転してきた時】

こゆ時は速やかに辞めよう、撤退しよう

逆に走る可能性がたっかいヤツや

 

 

逆に何も引っ掛ける動き起こってなかったら

多少の動きはホールドするし

 

で、気付いたら取り返しのつかん事になっとるんや(ヾノ・∀・`)

 

 

 

 

どや、

くそ眠い内容やろ?

 

 

 

そら昨日、

黄色↓でエントリーしてクッソ負けて、

最後、

朦朧とした状態で赤↑で全力エントリーして

オーバーナイト&見守ってたらこうなるんや(ヾノ・∀・`)ムリムリ

 

 

  

 

 

下手過ぎて震えるわまじで

更新だかなんだかシランケド

FXなんか辞めた方がええで(ヾノ・∀・`)ムリムリ

 

 

 


■レポート無料プレゼント中■

「オリジナルレポート」
「帯レポート」
「エントリータイミングレポート」

入手は、ブログ上部のボタンからどうぞ!!


■GT5内で一番人気!■

5冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!
DMM FX
DMM FX
~関連記事はこちら~



「これからもGT5を応援してあげる!」という方は、
こちらのバナーもクリックして下さい!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


One Response to “震えるわマジで”

  1. […] セミナー講師のためため氏はブログ(http://obi-fx.com/blog/2018/08/4734/)の中でこう言っています。 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ