出来高

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
ランキング参加中
記事を読む前にポチっと応援クリックいただけると嬉しいです(^-^*)



 

ためためです

 

日曜日、

某業者さんの企画でF1をVIP席で観てきたー

その業者で取引量の多いスーパートレーダーさん達と一緒に(‘-‘*)

 

     

 

VIP席は窓ガラスのとこ

選ばれし空間

 

 

 

  

 

中ではシャンパンとか呑み放題でとてもVIP

飯もめちゃ美味かったし

 

  

 

レース開始直前の画像

テンションあげあげ↑↑

 

 

 

スターート!!!

 

 

 

この興奮を嫁にも伝えたかった結果がこれ

     ↓       ↓

 

  

 

 

6年目、仲良くやってます(ヾノ・∀・`)

 

 

 

 

さて、僕らが日々平和にトレードできてるのも業者あっての話

昨日のCPIでクソぶっこけるのも業者あっての話(ヾノ・∀・`)

スプレッド0.3なんて数字で取引できるのは日本だけ

 

 

昔はスプ2.0じゃら1.0じゃら

その時代は客からの注文を

仮にそのままインターバンクに横流ししてるだけでも

十分業者の利益が残る時代

 

 

当然競合が始まって

スプレッド戦争突入

行き着いた先がスプレッド0.3(ヾノ・∀・`)

 

NDD採用してる会社のスプ見てもある程度わかるけど

こんな数字インターバンクから提示してもらう事はまぁ難しくて

 

 

ほなどうやって業者が利益出してるかゆうたら

客同士の注文を相殺させとんのやね(マリー、または呑みー)

 

例えば売り注文100枚に対して買い注文100枚マリーさせたら

売りのスプレッド3000円 + 買いのスプレッド3000円で

6000円儲かるやんね

ウマー やね

まぁ、個人投資家の注文がチャートに直接反映されへんのも

このせいやねw

 

 

 

問題ははみ出した部分

注文がどっちかに偏った時やんね

この部分をどう扱うか

自分とこで呑むのか?

カバー先に流すのか?

プロップディーラーの腕の見せ所やったんやろけど

今はプロップディーラーをおかない業者が主流になってきとるんね

 

リスクを取らずはみ出た部分は基本流す

機械的にすることで会社の収益を安定させるのが主流みたい

 

 

当然客から0.3で受けてインターバンクに流したら業者は利益にならんで

それをマリー分の利益や他通貨でどれだけ賄えるか?

ってレベルまでスプレッド戦争は行き着いてしもうとる

 

て事は業者にとっての生命線が 出来高

マリーさせられる部分が多ければ多い程、利益は出るし

インターバンクとの付き合いもあって

たくさんの量を流せばインターバンクから有利なレートを

提示してもらえるようになるらしい

 

 

あと、トルコとかポンドとか高スプレッド通貨

これは業者にとっては収益性が高くなるから

どんどんトレードして欲しいとの事

ドル円は薄利多売やてw

 

 

 

とまぁ、業者もギリギリのとこでやってる

スプ0.3が多少滑ってもガタガタ言わへんねやで

業者は敵ちゃう

儲かってもらわなアカン

 

僕らがいつまでもトレードしてられるようになるには

ボラが出る→取引する→業者も儲かる

それが一番大事

ボラが一番大事

為替が盛り上がる事が一番大事(ヾノ・∀・`)

 

 

 

 


■レポート無料プレゼント中■

「オリジナルレポート」
「帯レポート」
「エントリータイミングレポート」

入手は、ブログ上部のボタンからどうぞ!!


■GT5内で一番人気!■

5冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!
DMM FX
DMM FX
~関連記事はこちら~



「これからもGT5を応援してあげる!」という方は、
こちらのバナーもクリックして下さい!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ