捌く(さばく)

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
ランキング参加中
記事を読む前にポチっと応援クリックいただけると嬉しいです(^-^*)



 

皆様こんにちは(^_^)/

最近、昼と夜との寒暖差が激しくてカゼをひいてしまいました。

台風が去ってから、夕方急に気温が下がるようになったような気がします。

 

これからは、秋の紅葉シーズンです。

食べ物もおいしくなる時期ですので、しっかり栄養補給して回復に努めたいと思います。

皆さんも、寒暖差が激しいので体調崩さないように気をつけてくださいね。

 

 

DMMFXで口座開設すると、GT5のレポート5種類の中から

お好きなものを1つプレゼント中です。

 

口座開設はこちらから

  ↓  ↓  ↓

DMM FX

*レポート配布条件等につきましては、リンク先の詳細をお読みください^^

 

 

 

9月は エントリーポイントエントリータイミングの違いについて書きました。

 

今回はそのエントリーポイントにおけるトリガーの見分け方について書いていきます。

 

長期足の押し目買いや戻り売りポイントでの攻防の中でトリガーが発生しやすくなりますが、発生したトリガーについて行けば必ず勝てるとは限りません。

もちろんトリガーが発生しているので、それについて行くのは間違っているとは言えませんが、すべてのトリガーが必ずしも利益に導いてくれるとは限りません。

ですから、どのトリガーについていくのか、事前の情報をもとに見極めなくてはいけません。

では、どんなトリガーについて行けば良いのでしょうか?

下図をご覧ください。

 

①と②の違いが分かるでしょうか?

 

【①は長期足のサポートに当たった後、売り帯からの売りが継続できず、買い転換かと思わせた所からのエントリー】

 

サポートが強ければ①から上昇して行くこともありますが、Aの下落により失敗に終わりました。

 

 

【②は①の上昇が失敗し売り継続かと思わせたのに、再度上昇転換しAの高値も上抜けて来たのでエントリー】

 

Aの下落により買いが失敗しピンクライン抜けて来ました。

それにより赤○付近は売りの優位性が非常に高まっているゾーンになります。

そのゾーンの中で売りが継続できずにBの上昇によって一気に売りを否定されたため、

②からのエントリーは非常に優位性が高くなっていると言えるでしょう。

 

①と②を比べた場合

①単純に転換しそうになっただけのエントリーと、

②下へ行く動きがあり、そこから戻り売りも入り(大衆を下と思わせた)後上昇転換したエントリー、

一旦下へ行くと思わせた流れを巻き返した分,②の方が優位性が高いエントリーになります。

 

 

いかがでしょうか?皆さんもこんなふうに、エントリーポイントを見極めて、捌いてみませんか?

 

 

今回紹介した熱いエントリーポイントのことが書いてあるレポートは、

口座を開設すると無料で手に入ります。

この機会にぜひ読んでみてください。

 

 

 

 

DMMFXで口座開設すると、GT5のレポート5種類の中から

お好きなものを1つプレゼント中です。

 

口座開設はこちらから

  ↓  ↓  ↓

DMM FX

*レポート配布条件等につきましては、リンク先の詳細をお読みください^^


■レポート無料プレゼント中■

「オリジナルレポート」
「帯レポート」
「エントリータイミングレポート」

入手は、ブログ上部のボタンからどうぞ!!


■GT5内で一番人気!■

5冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!
DMM FX
DMM FX
~関連記事はこちら~



「これからもGT5を応援してあげる!」という方は、
こちらのバナーもクリックして下さい!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


One Response to “捌く(さばく)”

  1. […] 下図は先月ブログで示したものです。 […]

サブコンテンツ

このページの先頭へ