強いトリガー

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
ランキング参加中
記事を読む前にポチっと応援クリックいただけると嬉しいです(^-^*)



皆さんの応援に感謝しています。

↑ ↑ ↑ ポチッ! とよろしくお願いします。

 

こんにちは、takuです(#^.^#)

 

11月2日(金)はアメリカの雇用統計もあり、大きな動きがあるのではと期待していましたが、指標発表時ドル円はアレ?っていうほど期待外れな値動きでしたね。

これからは冬時間になりますので、同意づく動きに期待したいですね。

 

11月6日にはアメリカ中間選挙がありますので、相場の乱高下には注意が必要です。

大統領選挙の時には、乱高下に振り回されてえらい目に遭いましたので今回は警戒を怠らないようにしたいです。

逆指値は忘れずに入れておきましょう。

 

 

2日金曜日のドル円は一旦動き始めると一方的な動きが出て、押し目を付けに来てくれない動き方をしていたように感じましたが、皆さんは上手くエントリー出来たでしょうか?

 

そんな中でも特徴的な動きがありましたので書いてみたいと思います。

ドル円1時間足です。

 

 

10月26日からの上昇に対して、赤ラインの高値で押し目が入り上がっていく所です。

 

 

5分足です。

 

 

:日本時間の昼過ぎにトランプ発言で急騰した買いが継続できず、Xのように下落してほぼA字しました。

その後、Yら戻り売りが入りましたが下落は続かず安値更新は出来ませんでした。

下落するのであればX・Yからの点線矢印のように落ちて行かなければいけない所ですが、

Aの雇用統計の急上昇によって下振り上抜けの形になり下落が否定されたため、

上目線固定し①から押し目買いしました。

 

一旦は上昇してくれましたが高値更新できず建値付近をうろうろ、

耐えている時間はなぜあんなに長いのでしょうか?

再度上昇したので、点線矢印のように行けと願いを込めてお祈りしていましたが・・・

願いかなわず、長い陰線出現で怖くなってロスカットしました。

利確するチャンスはあったのですが、高値更新の欲望に負けポジションを持ち続け

下落の恐怖に耐えきれずロスカットしました。

 

 

:トランプ発言を全戻しした後、それを否定して上昇した雇用統計の上げをZの下落によって全戻ししました。

上昇を期待していた人達を刈り取る動きが出て

さらに安値更新するかと思われた売りをBの上昇が巻き返しました。

雇用統計をA字した売りを巻き返して高値更新したわけですから、当然期待も高まります。

個人的にも、先ほど落ちると思ってロスカットしたのに下がらなかったのですからなおさらです。

今度こそはと、高値更新を狙って②から押し目買いしました

 

直近高値もその日の高値も更新して順調に上昇してくれたので、

「この辺でかんべんしてやろうw」

と利確しました。

 

本当は2日前のネック付近で上ヒゲが出たので、

「これ以上下がると利益が減るー」

っと違和感を覚えてあわてて利確したんですけどねw

 

 

このように

一気に売りを全部巻き返して上抜ける強い買いが入るような相場は頻繁に来るわけではありません。

今回のように指標発表などの機会には、方向性が一気に発生する事もありますので、

安易な逆張りや飛び乗りなどでハラハラ、ドキドキしながら利益を減らすよりも、

大きな方向性が決まった後に落ち着いてエントリーすれば

しっかり利益を確保できるのではないでしょうか。

 

 

今回は雇用統計発表前の普段何もない時間帯、

しかも日本時間の最中にトランプの対中国関連の発言が出たりで、

ちょっといつもの雇用統計とはチャートの形も違っていたように思われましたが、

それにしては分かりやすい形が出てくれたのではないでしょうか?

 

こんな時に役に立つ、FX聖書~FXで稼ぐために必要な情報だけを集約したヤツ~

なんていうレポートもありますので、是非手にとって見て下さい。

 

FX聖書~FXで稼ぐために必要な情報だけを集約したヤツ~

 

 

実際のチャートを使って分かりやすく説明してあります。

 

 

 


■レポート無料プレゼント中■

「オリジナルレポート」
「帯レポート」
「エントリータイミングレポート」

入手は、ブログ上部のボタンからどうぞ!!


■GT5内で一番人気!■

5冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!
DMM FX
DMM FX
~関連記事はこちら~



「これからもGT5を応援してあげる!」という方は、
こちらのバナーもクリックして下さい!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ