横軸に振られないように

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
ランキング参加中
記事を読む前にポチっと応援クリックいただけると嬉しいです(^-^*)



11月11日はポッキーの日

こんばんは、つかさです。

季節の変わり目で風邪ひいたみたい((+_+))

 

毎年の恒例行事なんやけど、

今年は特に体調がよろしくないです。

 

喉、鼻、熱のフルコース 全部盛り。

だからトレードはやったりやらんかったり。

 

トレードせんかった次の日とか、

まずは前日のチャート見るところから始めるやん。

その時いつも思うねん。

 

「昨日むっちゃ簡単やったやん!!」

って。

 

「やってたらむっちゃ取れてたやん!!」

って。

 

で、トレード仲間達に

「昨日どうやった??」って聞いても

そんなに取れてなかったりする時も多いねん。

 

きっと自分がトレードしてても

実際は思ったほど取れてないんだろうな(;^_^A

 

後からチャート見て、

ここ入っていれば爆益だよねってところは

しょっちゅうある。

 

それは、出来上がったチャートは、

右側があるからそう思うだけなのかな?

 

それも多少はあるのかもしれないけど、

チャート分析はリアルタイムでも判断できやなあかん事。

というかできるねん。

 

長期足の背景と短期足のトリガー

 

それらの情報はチャートの左側に全部あるんだから

リアルタイムでも分かる筈やねん。

 

でもなぜか実際のトレードでは

なかなか簡単には利益を取らしてくれないのよね。

 

その理由は横軸に振られてるんです。

 

ん? 横軸?

 

GT5初期から、チャートは縦軸(レート)が大事って

言い続けてきました。

 

なのに、ここにきて横軸(゚Д゚)

横軸とは時間軸の事です。

 

出来上がったチャートとリアルタイムのチャートが決定的に違うのは

時間の流れる速さ。

 

当り前の話ですが、

1時間足1本形成するのに1時間かかるわけで、

15分足なら15分間 5分足なら5分間 1分足なら1分間

 

この実際の時間の流れに待ち切れなくなり、

たいしたチャンスじゃないところで入ってみたり、

暇やから優位性の無いところでガチャガチャやってみたり。

 

逆に、ここぞというチャンスのところで入った時は

本当は伸ばさなきゃいけないのに、

時間の流れの遅さに耐え切れなくなり、

志半ばで利確してしまって取れる利益は数pips

 

利確目標はまだまだ先なのに・・・

 

ポジションを持っているときの1分間って

むっちゃ長く感じませんか?

 

結局それって横軸(時間)に振られているだけ

 

急騰急落を除き、実際のチャートの動きって

思っているよりゆっくりやからね。

それなのに、自分が入ったタイミングの時だけ、

大陽線・大陰線を期待しちゃうのよね。

 

そうならんかったら、すぐやめるw

 

もし運よくポジってすぐに大陽線・大陰線になったらなったで

1本ですぐに決済。 戻ってきたら嫌やからw

 

チャートは縦軸(レート)で考えないとね。

もっとゆったりトレードしましょうってお話でした。

 

それでは ノシ

 


■レポート無料プレゼント中■

「オリジナルレポート」
「帯レポート」
「エントリータイミングレポート」

入手は、ブログ上部のボタンからどうぞ!!


■GT5内で一番人気!■

5冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!
DMM FX
DMM FX
~関連記事はこちら~



「これからもGT5を応援してあげる!」という方は、
こちらのバナーもクリックして下さい!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


One Response to “横軸に振られないように”

  1. […] 前回のブログで横軸(時間)に振られる話をしました。 […]

サブコンテンツ

このページの先頭へ