複数足~長期もいいけど短期もね ①

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
ランキング参加中
記事を読む前にポチっと応援クリックいただけると嬉しいです(^-^*)



こんばんは、つかさです。

寒い季節になりました。

毎年なんやかんやと暖房器具が増えていきます。

 

エアコンの暖房は強くし過ぎると頭がボーっとするし、

付けてすぐに効かないし、加湿器回してても空気乾燥するし、

なんかいい方法ないかなーーって。

 

去年買ったのは、

ちょとお洒落なカーボンヒーター

でもまだこれ出してくるほどは寒くないし

なんかいいもんないかなーってAmazonを探索してて

この前、これポチってみてん。

ホット座布団。

ホットカーペットのミニチュア版

 

僕ら机に座ってる時間が長いし、

なんせお尻が冷えるのよね。

 

想像以上に暖かいというか、暑すぎるくらい。

買ってから気づいてんけど、オンオフスイッチだけで

温度調節が付いてなかった(;^ω^)

 

お尻温めると体中がポカポカ。

すぐに眠たくなるw

 

これ足元用にして、

温度調節付きのやつもう一個買わなきゃ(^^♪

 

 

それではFX

 

FXの一番難しいところって複数足やと思うねん。

 

長期の波の中に中期の波があって、

その中期の波の中に短期の波があって・・・

言葉では簡単だけど、それがなかなか難しい。

 

長期足と短期足の2個だけだったらまだ簡単なんだけど、

それが4個も5個も6個も複雑に絡み合ってる。

僕が普段よく見てるのは、

日足・4時間足・1時間足・15分足・5分足・1分足

の6つ。

 

しょちゅう見る必要はないけど、

他には月足・週足なんてのもある。

 

例えば

日足・4時間足は上(長期)

1時間足・15分足は下(短期)

5分足・1分足は上(短期)

だったけど、やっぱり短期が下向いたって局面

 

図で書くと、

一枚の図に3つの波書いたから少し見にくいかもしれないけど、

伝えたいこと分かるかな(;´・ω・)

 

頭がごっちゃになるでしょww

どの波をフォローすればいいやろって。

 

そりゃ全部の時間足が同じ方向向いてくれりゃ簡単なんだけど、

そんなのは史上最高値か史上最安値くらいのもんで、

全部が同じ方向向く事なんて滅多にない。

 

もし仮にそうなったとして、それからエントリーしたところで、

利食いも入ってくるから、急反発したりもするし

そのトレンドはいったん終わりだったりする時もあります(・・;)

 

 

環境認識をする時、

長期の足から順番に見ていきましょうってのが基本中の基本。

 

環境認識にも見なきゃいけないポイントは色々あるけど、

やっぱり一番重要なのは相場の向かうべき方向。

 

上なのか、下なのかの2択

極論それが分かればOK

 

今はどっちにも行かない横ってのもあるけれど、

いずれは上か下かに必ず動きます。

 

それを見極めるために環境認識が大切です。

 

まず複数足の原則として、

「短期の波は長期の波に飲み込まれる」ってのがあります。

分かりやすくいうと、長期足の方が強いねん。

 

だけど、それは原則であって、毎回ではないんだな・・・

 

だって毎回長期が勝つんだったら、

相場は永遠に一方向にしか動かいって事になるので、

ずっと上がり続けるか、ずっと下がり続けるって事になっちゃう。

 

だからちょいちょい裏切ったりもする。

 

また「転換は短期の波から起こる」ってのもあります。

短期足から転換が起こり、それが中期の波に波及して、

そして長期の波に波及した時、長期のトレンドが継続。

 

もしその波の波及が失敗し上手く転換しなかった時は

横のもみ合いに突入したり、ペナントになったり、

短期足が勝って、もう一段下のサポートまで掘っていく展開になったり。

 

じゃー結局どうトレードすればいいのん? って。

 

次回、上の図を使ってもう少し掘り下げた話をしていきますね。

 

それでは ノシ

 


■レポート無料プレゼント中■

「オリジナルレポート」
「帯レポート」
「エントリータイミングレポート」

入手は、ブログ上部のボタンからどうぞ!!


■GT5内で一番人気!■

5冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!
DMM FX
DMM FX
~関連記事はこちら~



「これからもGT5を応援してあげる!」という方は、
こちらのバナーもクリックして下さい!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


One Response to “複数足~長期もいいけど短期もね ①”

サブコンテンツ

このページの先頭へ