動き出すタイミングと激熱パターン

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
ランキング参加中
記事を読む前にポチっと応援クリックいただけると嬉しいです(^-^*)



ちゅいーん!!

ども、つかさです。 あと数日で平成も終わり。

そして明日からGWだというのに、風邪を引いて寝込んでおりました。

もうだいぶマシになったけど今回の風邪は結構辛かった。

 

世間は明日から10連休らしいですね。

僕らは毎日が休みだけど毎日が仕事のようなもの。

 

GWって例年結構相場が動くイメージがあります!!

去年もそう思ってトレードしてましたが、

確か去年は全然動かんかったよね。

 

今年は動くんかいな。

最近のチャートの動き方見てると、そんなに動かんような気もするし、

けどやっぱり動くかもしらんし。

 

動かんのならチャートなんか見てるだけ時間の無駄やし、

いつ動くのか分かる方法ないかな(*‘ω‘ *)

 

普段のトレードのスキャルでもそうやん。

この足で動くと思ってそのタイミングでエントリーしたのに、

捕まって何十分も持たされるやつ。

FXあるある。

 

いっその事逆行して損切なるならそれでもいいねんけど、

切る理由もなく、利確もできずにモジモジモジモジ。

あれまじ勘弁やわ(;´Д`)

 

僕、ポジポジ病のくせに、ポジ持ってる時間はかなりのストレス。

マウスを握りしめてる時間。 万年腱鞘炎。

 

 

そりゃ予想はするで。 いつ動き出すのかを。

予想して、動くと思うからそのタイミングで入るわけで。

 

外れる時もありますが、

その予想の仕方としては、色々あります。

 

昔はトレンドライン引いてみたり、

移動平均線使って見たりで動き出すタイミングを予想したりもしました。

 

だけど今はレジサポとチャート形成を重視しています。

サポは何処? レジ当たってる?

動き出すのに十分なチャート形成をしているか。

などなど。

 

たとえば、こんなチャート

この続き追いかけますか??

 

上昇フラッグ上抜けだから、とりあえずは追いかけるんだけど、

そのまま素直には行かないかもしれません。

だってサポートがね。

 

それよりも、

しっかりとサポートに触ったあとの方が

期待値は高いです。

 

あとはチャート形成。

サポートワンタッチよりも、騙しがあった後の方が熱いです。

サポから上がろうとしたけど、そのままは上がり切らず、

深いところまで来て、だけど売りにもならずに、

2番底作ってやっぱり上ってやつ。

 

ま、これも上がり切らなかったら

横々のモジモジタイムになるんですけどね(・・;)

 

一番上の図の続きであれば、

サポが浅くて上昇フラッグ上抜けでは上がらず、

サポ触りに来て、その下落に対しての売りも続かず

2番底作ってやっぱり上ってやつ。

 

この赤矢印のところが激熱パターンです。

 

ま、全部の条件を満たすようなチャートを待っていては

トレードするところ少なすぎるから、他でもトレードするんですが、

もし激熱パターンになった時は本気で握って、

あとはチョロチョロパッパとやってりゃいいかなって思います。

 

 →激熱パターンα

 →激熱パターンβ

 

それでは ノシ

 


■レポート無料プレゼント中■

「オリジナルレポート」
「帯レポート」
「エントリータイミングレポート」

入手は、ブログ上部のボタンからどうぞ!!


■GT5内で一番人気!■

5冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
DMM FX
DMM FX
~関連記事はこちら~



「これからもGT5を応援してあげる!」という方は、
こちらのバナーもクリックして下さい!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ